【鍼灸師の綴る】からだ歳時記|11月は身体が硬くなるにご用心

投稿日:

寒さがやってくる11月。

あんなに暑かった夏がいつの間にか終わって気付けばもう11月。

今年もあと2ヶ月ですね!
最後まで元気に乗り越えましょう!

 

 

11月は、硬くなる身体にご注意!

 

どうして身体が硬くなるの?

寒くなるとカラダは硬くなります・・・

縮こまるから!

 

どうして身体が硬くなってはいけないの?

身体が硬くなってくることで、血管の動きが悪くなります。

動脈と心臓は助け合って、血液を運んでいます。

動脈は、動く脈と書きますが、血管がパクパクと膨らんだり縮まったりする動きを使って、血液を運びます。

 

寒さで身体が硬くなると、血管が硬いものに囲まれて動くことができなくなってしまい、血液を運ぶの難しくなります。

心臓は動脈の助けを失い、仕方なく、頑張ってポンプの圧力を上げて、全身に送り届ける努力を強いられます。

つまり、血圧が上がってくるということです。

 

大切なことは身体を柔らかく保つこと

血圧を上げないために最も重要な予防方法とは

寒くなりはじめたときが、身体の奥が最も寒さの影響を受けます。

冬になって寒さを防御できるようになると、血圧は変わって来きます。

血圧が高くならないよう、以下の打開策を習慣にしましょう!

 

【打開策】身体を硬くしないために!

  1. 朝、目覚めたら、すぐに起き上がらない
  2. 布団の中でからだを丁寧に緩めるようにしましょう。
  3. 手足の指を引っ張る揉む、ブラブラさせる。
  4. 首、腰を左右に揺らす、捻る。
  5. すこし、温かくなってきてから立ち上がる!
温かくなってきてから立ち上がることで、血圧が上がるのを防ぎましょう。
本格的な冬に向けて一緒に頑張りましょう!

Copyright© はりきゅうるーむ朝の葉 , 2019 All Rights Reserved.